日立システムズ(北野昌宏社長)は、旅費・経費精算業務の効率化を通じた働き方改革の推進をさらに支援するため、国内外出張手配から旅費・経費精算までを一つのシステムで管理できる総合経費管理システム「Traveler'sWAN」の新バージョンの提供を6月1日に開始した。

 今回の新バージョンでは、利便性向上に向けて、現状のTraveler'sWANに対してユーザーから寄せられた声などをもとに画面遷移をわかりやすくしたほか、プロトタイプを用いたユーザビリティ検証なども行い、豊富できめ細かな機能はそのままに、わかりやすいシンプルな画面へと全面刷新した。また、PC、タブレット端末、スマートフォンなど多様なデバイスから利用されることを前提に、アクセスしたデバイスに応じて操作しやすい画面へ自動的にデザインを切り替えるとともに、必須入力項目やエラー表示などもわかりやすく表示するように変更した。

 これによって、マニュアルを参照することなく、迷わずスピーディに入力処理を行うことが可能となり、旅費・経費申請業務の効率化を図ることができる。さらに、モバイル機能の拡張により、移動中のちょっとした空き時間や外出先などからも旅費・経費の申請・承認が行えるようになり、働き方改革の推進を支援する。

 また、SaaS型のオプション機能として、経費精算業務の中でも定型・反復処理が多く、業務効率化ニーズが高い旅費の精算を、チャットボットを活用して効率化する対話型旅費精算機能を新たに開発。6月末にリリースする予定。この機能では、申請に必要な各種情報を手入力するのではなく、チャットボットが予定表から未精算の出張予定を自動取得するとともに、前後の予定から直行・直帰の有無を判断する。さらに、過去の精算履歴や定期券区間の情報、路線検索ツールの情報などを踏まえ、適切な経路と金額で旅費精算のデータを自動作成する。申請者は、「はい」「いいえ」などの簡単な選択を行うだけで、旅費精算を行うことができる。

 チャットボットを活用して旅費精算データの自動入力を行うことで、申請者の入力業務を大幅に軽減できる。さらに、自動化により入力ミスが減少するため、管理部門の内容確認業務を効率化できるほか、自動入力が増えることによって、不正の抑止やコンプライアンスの向上も期待できる。

 税別価格は、オンプレミス版とプライベートクラウド版が個別見積もり、SaaS版が初期費用40万円から、月額費用400円/人から。オプションの対話型旅費精算機能は初期費用15万円から、月額費用1万円/社から。同社では今後、働き方改革に取り組む企業に向けて幅広くTraveler'sWANを拡販し、2020年度末までに100社への販売を目指す。