VAIOは6月4日、香港とマカオ、マレーシア、シンガポール、台湾の5地域で7月から、VAIO PCの販売を順次始めると発表した。すでに販売している米国や中国、ブラジル、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、ペルーに加え、海外の販売地域は計12地域になる。
 

 香港とマカオ、台湾では7月から、VAIO S13とVAIO S11を販売する。シンガポールとマレーシアでは、8月と9月にそれぞれ販売を開始するが、取り扱いモデルは調整中になっている。5地域では、法人向けと個人向けの両方で販路拡大を目指す。

 VAIOブランドへの期待値が高いことが5地域を選んだ理由。PCや企業向けソリューションなどを展開する香港のNexstgoと協業して販売を進める。