ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)は、業務管理の「リアルタイム・時短・見える化」を実現するクラウドサービス「Edge Tracker」シリーズに、フレキシブルなドキュメントワークフローを可能とする新サービス「Edge Tracker ワークフロー」の提供を6月7日に開始した。

 Edge Trackerは、マルチデバイス対応のクラウドサービスで、いつでも、どこでも従業員が利用できる業務管理システム。今回新たに提供するEdge Tracker ワークフローは、あらかじめ14種類の申請書を雛形として用意しているほか、利用者が自由に申請書を作成することができる。また、承認経路でも柔軟なルート設計ができ、各ルート内の承認ステップで部門や承認担当者などを複合的に設定し、多段階での承認ルートを作成することが可能となっている。

 さらに、スマートフォンやタブレット端末などのマルチデバイスに対応しているため、外出先からでも各種申請書の申請・承認ができ、フレキシブルなドキュメントワークフローで業務の効率化を推進する。同社では、新サービスの提供により、申請・承認手続きでの従業員の利便性向上や人事総務、経理部門の業務効率化を図り、中堅・中小企業の働き方改革を支援していく考え。