日立製作所(日立、東原敏昭社長)と日立インフォメーションアカデミー(石川拓夫社長)、トレンドマイクロ(エバ・チェン社長)の3社は、国内で不足するセキュリティ人材の育成を目的に、サイバーセキュリティ分野での協業で合意書を交した。

 この協業では、トレンドマイクロが持つサイバーセキュリティに関する独自の知見、日立が培ってきたシステム開発と運用のノウハウ、そして日立インフォメーションアカデミーが日立グループ内外に提供してきた人材育成ノウハウを活用。研修カリキュラムや教材といった教育コンテンツの企画・開発から研修サービスの運用までを共同で推進する。

 第一弾として、トレンドマイクロの「サイバー攻撃対応研修」を一般の向けカリキュラムに改訂し、日立インフォメーションアカデミーが提供する。2019年3月までに1000名の受講者獲得を目指す。