日立製作所(東原敏昭社長)は6月4日、産業機械の最適な修理をAIが自動提案するシステムを開発。これを米国子会社であるSullair, LLC(President & CEO:John(Jack)Carlson)と共同実証することを発表した。

 近年、さまざまな現場において、サプライチェーンの複雑化やグローバル化、オートメーション化が進む中、故障による機械のダウンタイムを極力減らしたいというニーズが高まってきている。また、これまでの産業機械修理サービスでは、故障発生時にユーザーから連絡を受けたサービス員が現場に出向き、その場で状態を確認して対応するというものが一般的だったため、復旧までに時間を要するという課題があった。

 そこで日立は、長年培ってきた産業機械メンテナンスのノウハウと先進デジタル技術を組み合わせ本システムを開発。本システムでは機械故障時の状態データや、稼働履歴、修理履歴といったデータをもとに、AI技術と複数のアルゴリズムを組み合わせた独自の分析モデルを用いて、最適な修理か所・方法などを自動で提案する。また、AI技術を活用していることから、機械の故障情報や修理内容、その対処結果などの蓄積データをもとに継続的に学習し提案の精度を高めることも可能とのこと。

 ユーザーがこのシステムを導入することにより、産業機器メーカーは、IoT機器が搭載されていない既設の機器の修理においても本システムの提案内容をもとに修理作業の事前準備ができるため、後戻り作業を抑制することができる。結果、ユーザー側ではダウンタイムの低減、メーカー側では修理サービスの効率化と品質向上につながるという。

 なお、今後日立は、本システムの早期実用化を目指し、本システムをコアにした産業機械メーカーサポートサービス「メンテナンス&リペアサービス」を提供する予定だ。さらには本システムに産業機械のリアイルタイム状態データを連携させて、故障予兆診断システムに発展させることにより、メーカーの予防保全サービスのサポートも行っていくと計画している。