NTTデータイントラマート(中山義人斜塔)は6月28日、2017年度intra-mart製品販売で優れた功績を上げたパートナー企業を表彰する「intra-mart Award 2018」を発表した。

 同社は、顧客のビジネス推進や満足度向上、製品・サービスの品質強化、パートナー企業とのリレーションシップを目的として、intra-martビジネスで優れた功績をあげたパートナー企業に感謝の意を表する制度として「intra-mart Award」を発表している。年間の販売実績や先進的ソリューションの導入、プロジェクト実績、技術者育成や開発力強化による貢献など、合計5部門で9社のパートナー企業を表彰した。

 17年度intra-mart製品販売で、最も大きな功績をあげた「Excellent Partner Award」では、日立ソリューションズが受賞した。また、販売額を大きく伸ばした「Superior Partner Award」は、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリが受賞した。

 大規模プロジェクト導入の実績や先進的なソリューション導入、intra-mart販売に大きく寄与したプロジェクト実積をあげた「Special Project Award」には、JSOL、NECネクサソリューションズ、NTTコムウェア、フォーバルテレコムが選ばれた。

 パートナー活動開始3年以内のビジネスの立ち上げ時期に活躍した「Rookie Partner Award」では、ネオアクシスが受賞。17年度のintra-martの多数のプロジェクトに関して、技術者提供と育成で、多面的に取り組み、開発力の強化に貢献した「Best Development Award」には、日立社会情報サービスが受賞した。