クラウドエースは7月31日、成長戦略の一環として、初の海外現地法人をベトナムホーチミン市に設立したと発表した。ベトナム国内でGoogle Cloud Platformの利活用を推進するなどして、APAC地域で事業を拡大することが狙い。

 ベトナム法人の社名は「CONG TY TNHH CLOUD ACE」。2018年6月23日に事業許可を取得し、同日から営業を開始した。従業員数は5人。技術者の育成や人工知能(AI)・機械学習を活用したビジネスソリューション「GennAI」の提供なども展開する。

 クラウドエースは今後、APAC地域で高まるパブリッククラウドの需要に対して、積極的に業務支援を行う方針。ベトナム法人のほかにも、いくつかの有望市場で海外現地法人の設立を目指している。(齋藤秀平)