ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)は8月30日、企業のクラウド活用を加速し、ビジネス成長と変革を支援するSBTの新ブランド「clouXion(クラウジョン)」に、10月から「Microsoft 365 セキュリティ運用・監視サービス」「Knowledge Bot」「Flow」「OnePortal Modern」の4サービスを追加すると発表した。

 Microsoft 365 セキュリティ運用・監視サービス(MSS for Microsoft 365)は、SBTのセキュリティ専門家が24時間365日体制でMicrosoft 365に含まれるEMS(Enterprise Mobility+Security)を中心に、ログやセキュリティアラートの監視、脅威分析を行う。インシデント発生時には、被害を最小限にとどめるための対策支援や各種調査、復旧支援などのインシデントレスポンスにも対応可能となる。

 Knowledge Botは、Microsoft Office 365と連携するチャットボットで、SharePoint Online、Microsoft Teams、Skype for Businessに対応している。管理画面から簡単にメンテナンスが可能で、これまで工数がかかっていた問い合わせ対応業務を効率化する。

 Flowは、SharePoint Onlineとシームレスに連携し、ワークフロー機能を提供する。マルチデバイス対応、SharePoint Onlineに近いUIで、ユーザーがスムーズに業務を行うことができる。2018年度中には、ワークフローによる申請処理をベースとした定型業務の自動化機能を実装する。

 OnePortal Modernは、SharePoint OnlineのモダンUIに対応したポータルサイト構築ソリューション。サイトの閲覧状況を可視化するサイト解析機能やヴィジュアル性に富んだ多彩なウェブパーツを用意し、ポータルサイトの展開から活用促進までワンストップでサポートする。