日立システムズ(北野昌宏社長)は11月21日、「働き方改革」や「健康経営」の推進を目的とした「Connect SMILE∞ LABO」を、本社地区の事業所内に開設したと発表した。

開設した「Connect SMILE∞ LABO」

 Connect SMILE∞ LABOは、あらゆるものをつなぎ、新しいSMILEをつくる実験の場がコンセプト。日立システムズやパートナー企業などがもつ働き方改革や健康経営を支援する製品・サービスなどの実証を中心に、さまざまな取り組みを中長期的に実施する。

 例えば、今回の対象事業所ではこれまで設置されていなかった出張者向けの勤務席(サテライト席)を設けるとともに、働き方改革・健康経営に関するコーポレートメッセージを発信するデジタルサイネージ、インタラクティブホワイトボードなどの各種コミュニケーションツールを備えた各種スペースを確保する。さらに、これらのスペース全てにセンサーを設置することで常に利用状況を確認することができる。これにより、出張者などがどこでも働ける環境を整備するだけでなく、打ち合わせスペース不足の解消や会議の生産性向上などを実現するとともに、利用状況などを見える化することで、従業員の働き方改革を支援する。

 また、日常の声から心の健康状態を手軽にチェックできる日立システムズのクラウドサービス「音声こころ分析サービス」を設置した。これまではスマートフォンなどにアプリケーションをダウンロード。音声データを取得してチェックする運用が一般的だったが、今回はそうした運用が難しい場合に備え、設置されたロボットに話し掛けることで音声データを取得し、チェックする運用を含めた活用環境の検証を実施する。

 これ以外にも、空気を殺菌する紫外線殺菌装置「AERO SHIELD」の設置や、ヘルスケア関連情報やサービス、システムなどを融合した「健康プラットフォーム」の構築で連携するタニタグループの体組成計や血圧計、さらにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸を多く含んだタニタコーヒーを提供することで、従業員の健康維持・健康意識向上を促進する。

 Connect SMILE∞ LABOで実証した結果を従業員の働き方改革、健康意識向上に生かしていくほか、結果をもとに改善したサービスを提供するだけでなく、オフィス空間を設計するデザイン会社などと連携し、多目的・多機能なオフィス空間を提供していく考え。