【上海発】急速な経済発展に伴い、中国の人件費が上昇の一途をたどっている。現地では、日系企業だけでなく、中国企業にとっても悩ましい問題になっており、各企業が業務効率化によるコスト削減を進めている。対策の一つとして注目されているのがRPAだ。【上海支局 齋藤秀平】

 上海市の観光名所・南京路近くのオフィス。大勢の従業員が、パソコンのモニターを見ながら仕事を進めている。中国4大会計事務所の一つ「立信会計士事務所(BDO)」の本社だ。

 BDOによると、現在、中国の上場企業の4分の1を顧客に抱え、各顧客の税務処理などを請け負っている。中国国内には33の拠点があり、上海では約2000人が働いているという。
中国国内の賃金の推移(出典:中国国家統計局、上海市政府)

 中国国家統計局によると、中国国内の平均月額賃金は2013年以降、毎年10%前後の割合で伸びている。上海も同様で、上海市政府によると、13年に約5000元(約8万円)だった月額平均賃金は、17年は7000元(約11万円)を超えた。
徐呈ITシニアマネジャー

 大勢の従業員を抱えるBDOも人件費の問題に直面しており、徐呈ITシニアマネジャーは「われわれにとって、最大のコストは人件費だ。これからも上がることを想定すると、もっと収益を上げていかなければ、上昇のスピードに対応できなくなる可能性があり、場合によってはライバルの会計士事務所に優秀な従業員を奪われてしまうかもしれない」と危惧する。

 コスト削減の一環として、BDOが18年から取り組み始めたのが、RPAの活用だ。適用したのは税務当局に提出する顧客約1万6000社分の税務表作成業務で、UiPath RPAプラットフォームのアジア地域のリセラーになっている上海凱迪迪愛通信技術(KDDI上海)を通じてソリューションを導入した。

 導入前は、一つの税務表を作成するのに約1時間半がかかっていたが、導入後は3、4分に短縮できたといい、徐ITシニアマネジャーは「たくさんの時間がかかる簡単でつまらない仕事をRPAに任せることで、社員をより価値のある仕事に当たらせることができるようになった」と効果を説明する。

 今後の展開については「国内の別の拠点に導入を広げていくほか、RPAを活用した業務改善プラットフォームの開発にも着手する」としつつ、「RPAが仕事を自動化してくれても、データの分析などで人間の力は必ず必要。RPAの適用範囲を広げながら、人間とRPAが一緒に働ける環境をしっかりとつくっていきたい」と話す。