パーソルワークスデザイン(平林由義社長)と日立システムズ(北野昌宏社長)は9月5日、SNSとチャットボットを活用し、応募者の希望と募集条件とのマッチング確認や面接日程の調整など採用業務を自動化する「採用面接マッチング自動化サービス」を共同開発し、10月に提供を開始すると発表した。


 採用面接マッチング自動化サービスは、企業側の採用管理システムと連携したチャットボットが、リアルタイムで面接可能なスケジュールを把握し、応募者に提示することで、応募から面接日程調整までをSNS上で自動的に行う。具体的な利用の流れとしては、まず、応募者は応募したい企業の採用ウェブサイトや募集チラシにあるURL・QRコードから、SNSアプリケーションなどを通じて企業専用のチャットボットにアクセス。次に、勤務地(面接会場)や勤務条件などの質問項目に対し、応募者が対話形式で希望条件などを回答する。対話内容が企業の採用管理システムへ自動的に共有され、対話情報に応じた面接日程などの調整結果を応募者に自動回答する。
 
チャットボットのイメージ

 これにより、パーソルワークスデザインでは、アルバイト・パートの応募受付から面接日程の調整までを自動化し、オペレーターの工数を大幅に削減する。また、これまで対応が難しかった早朝や深夜でも24時間365日、いつでも応募受付が可能となるSNSを活用して質問に答えるだけで、即日面接日や場所が確定するなど応募者の利便性が大きく向上し、応募離脱の解消にもつながる。
 

 今後も、両社はそれぞれの強みを組み合わせた独自サービスにより、さらなる募集・採用代行業務の業務効率向上と付加価値創出に取り組んでいく。また、日立システムズは、採用業務に限らず、業種に応じたテンプレートを活用した新たなチャットボットサービスを開発し、販売していく予定。