アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は9月19日、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」のウェブ分離・無害化オプション「InterSafe WebIsolation」を10月11日に発売すると発表した。価格は個別見積もり。

「InterSafe WebIsolation」の導入効果

 InterSafe WebIsolationは、アシスト(大塚辰男社長)との連携のもと、同社が提供するウェブ分離・無害化製品「Ericom Shield」のウェブ分離機能を利用して提供するもの。ウェブ分離方式を活用したセキュアなインターネット環境で、さらなるユーザビリティの向上と運用負荷を軽減する新たなオプションとなる。

 InterSafe WebFilterによる高精度なウェブフィルタリングに加え、未知の脅威が含まれる可能性のある「未分類サイト」へのアクセスをInterSafe WebIsolationで無害化することで、より安全性の高いウェブアクセス環境を実現する。未分類サイトへのアクセスが発生した際には、ユーザーが閲覧申請などの手間を要さず、ブラウザーコンテナ経由で安全に閲覧可能となるため、管理者業務の軽減にも役立つ。

 国内最高水準となる網羅率98%のInterSafe WebFilterのURLデータベースと高度分類クラウド(IWCC)によって極小化された未分類サイトのみをウェブ分離・無害化することで、すべてのウェブアクセスを対象とした分離・無害化製品と比較して、導入費用やランニングコストを大幅に削減できる。

 未分類サイトの閲覧許可などの管理作業が不要となることに加え、「許可」「規制」「無害化」などすべてのウェブアクセスログを分類して記録できるようになるため、ウェブアクセスの監視やログ分析、報告にかかわる管理者の負担軽減を図ることができる。