アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は9月30日、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「InterSafe CATS」をバージョンアップ(Ver.5.1)し、提供を開始した。

一時解除機能(オーバーライド)利用イメージ

 InterSafe CATSは、社外持ち出しPCやスマートデバイスの社外での安全なインターネット利用を実現するマルチデバイス対応のクラウド型ウェブフィルタリングサービス。今回のバージョンアップでは、ウェブサイトの利用状況に応じたフレキシブルなウェブアクセスを実現するため、一時解除機能(オーバーライド)の追加などフィルタリング機能を拡充した。

 具体的には、規制対象カテゴリーに含まれるサイトにアクセスした際に、規制画面に表示される「一時解除ボタン」を利用者がクリックするだけで、一定時間対象カテゴリーの閲覧が許可される機能を追加した。個別の閲覧申請・管理者承認が不要なため、不適切なアクセスを抑止するとともに「必要な時に、必要な情報に、安全にアクセスする」ことができ、スムーズな業務の遂行を実現する。

 また、システム管理者にとっても、ユーザーごとの閲覧承認などの作業が必要でなくなるため、業務負担の軽減につながる。なお、一時解除したカテゴリーへのアクセス情報は、InterSafe CATSのログに出力・蓄積されるため、ユーザーごとのサイトアクセス状況の把握と、ログ管理による統制強化を図ることができる。

 さらに、カテゴリー設定で未分類URLの許可/規制設定を利用可能としたことで、ウェブフィルタリングのホワイトリスト運用をより柔軟に行うことが可能となる。

 なお、ALSIでは、InterSafe CATSの関連ソリューションとして、InterSafe CATSと、フリーWi-Fiの安全なビジネス利用を実現するWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」を組み合わせた、テレワーク支援ソリューション「InterSafe CATS テレワーク支援パック」を9月に提供している。今回のバージョンアップにより、InterSafe CATS テレワーク支援パックが実現する安全・柔軟なテレワーク環境についても、よりフレキシブルなウェブ利用が可能となり、利便性がさらに向上した。