楽天グループのICT事業会社である楽天コミュニケーションズ(平井康文会長兼社長)は、「楽天クラウド」として提供していたパブリッククラウドサービスを全面的にリニューアルし、「楽天クラウド Red Hat OpenStack Platform」として10月8日に提供を開始した。


 今回、クラウドコンピューティングプラットフォームとしてレッドハットのRed Hat OpenStack Platformを採用。世界中のデベロッパーが参加してオープンソースソフトウェアを開発するOpenStackプロジェクトの結果を基に開発・提供している製品で、機能拡張が継続的かつ自動的に行われるため、スピーディーに拡張性の高いクラウド環境を提供できるようになる。

 また、各企業はIaaSである本サービス内に複数のプライベートネットワークを生成できるので、セキュアな環境でサーバーを構築し、運用効率の向上とセキュリティ強化を実現できる。開発時でも、コンピュータネットワークの接続形態が可視化できるので、開発効率も向上する。