バッファロー(牧寛之社長)は、国内開発のRAID 6対応ハードウェアRAIDと10GbE対応LAN端子を搭載したWindows Server IoT 2019 for Storage搭載法人向けNASのデスクトップタイプを11月中旬から順次発売する。

WSH5420DNS9シリーズ/WSH5420DNW9シリーズ

 最新の組み込みシステム向けOS「Windows Server IoT 2019 for Storage」を搭載し、Active Directoryサーバーに登録されているアカウント情報を利用したファイル・フォルダーのアクセス制限に対応。大規模なユーザー・グループのアクセス管理を容易にするActive Directoryの完全連携や、管理者が設定したスケジュールに基づいて共有フォルダーのスナップショットを作成し、ユーザーが誤って共有フォルダーのファイルを変更してしまった場合などに、履歴をさかのぼって変更したファイルを以前の状態に復元できる「シャドウコピー」、Active Directory環境下で遠隔地の本商品にネットワーク経由で自動同期する「DFSレプリケーション」機能、マイクロソフトが提供するクラウドストレージサービス「Microsoft Azure」との連携機能を搭載する。

 また、Windows Server OS搭載サーバーへのアクセスには、ユーザーまたはデバイスごとに有料のCAL(クライアントアクセスライセンス)が必要だが、本商品が搭載する「Windows Server IoT 2019 for Storage」では、クライアント数に応じたCALを別途用意する必要がなく、ファイルサーバーとして導入・運用コストを削減できる。

 国内で開発したハードウェアRAIDを搭載し、Windows Server IoT 2019 for Storage標準のソフトウェアRAID機能では未対応のRAID 6に対応。専用のコントローラーでRAID処理を行うためCPUへの負荷が小さく、ソフトウェアを複数同時に使用した場合でもソフトウェアRAIDに比べて高速で安定した処理を行う。
 
セキュリティソフト同時使用時のバックアップ完了時間比較

 セキュリティソフトとバックアップソフト同時使用時のバックアップも、ソフトウェアRAIDモデルと比べて約72%も時間短縮する。加えて、ハードディスク交換時のRAIDリビルド中のシステムへの負荷も軽減する。

 さらに、10Gbps(規格値)の高速イーサネット「10GbE」に対応。ファイルの読み書きやバックアップ作業を高速化する。IEEE802.3bz規格にも対応しており、多くのビルですでに敷設されているカテゴリー6ケーブルやカテゴリー5eケーブルの環境であっても、同規格に対応したスイッチに変更するだけで、5GbEや2.5GbEのスピードで利用できる。

 OS領域用SSDを搭載し、ハードディスク全てをデータ領域として利用できる。RAID設定変更時もOS再インストールなどの手間が発生しない。また、マイクロソフト社が推奨するTPM(Trusted Platform Module)2.0チップを搭載し、再起動毎の手動によるBitLocker解除は不要。暗号キー保存用USBメモリも不要になる。

 ラインアップは、Windows Server IoT 2019 for Storage Standard搭載の「WSH5420DNS9シリーズ」と、Windows Server IoT 2019 for Storage Workgroup搭載の「WSH5420DNW9シリーズ」の2シリーズ。容量はそれぞれ4TB、8TB、12TB、16TB、24TBモデルを用意する。