テイ・エス テック(保田真成社長)は、10月24日から11月4日まで開催する「第46回東京モーターショー2019」に出展し、次世代車室空間「イノヴェージ」と、誰もが笑顔になるシートシステム「愛されるシート」を参考出品した。

次世代車室空間「イノヴェージ」

 同社は、クルマのシートや内装品を手掛けており、これまで培った独自技術やIoTなどの新しい技術を結集させることで、新たな「座る」ことの価値を提案しようとしている。

 「INNOVAGE」は、自動車内装部品メーカーとしてのノウハウを生かし、センシング、やすらぎ、シートアレンジなど数々の未来技術を結集。CASE(コネクテッド、自動運転、カーシェアリングとサービス、電気自動車の略)を見据え、人とクルマ、社会、未来をつなぐ懸け橋になることを目指したという。

 例えば、車室空間全体でやすらぎを演出するため、照明などを自在にコントロールできるほか、多彩なシーンに対応する豊富なシートアレンジ、心拍や呼吸情報をセンシングし乗員を見守るサービスなどを実現した。
 
「愛されるシート」とアプリ

 一方、愛されるシートは、座席のセンシング技術とIoT技術を融合し、座った人の動きをセンシングする。この技術を活用することで、例えばスマートフォンやタブレット端末で動作するアプリケーションと連動するコントローラーとして活用できるという。

 ブースでは、座ったままバランスで競うアプリ、ランニングアプリや座禅アプリなどを用意し、体感できるようにした。シートに座ったまま、足やお尻の位置などを動かすことでセンサーが感知する。説明員によると、「足が不自由な人の場合、お尻や上半身を動かすことで操作ができる」といい、子どもから高齢者、障がいをもつ人まで誰でもアプリを楽しむことができる。シートとアプリを連携させることで、渋滞や長時間移動などによる同乗者のストレスを軽減できるという。