中部電力(勝野哲社長)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com、庄司哲也社長)は、中部電力の設備保全業務の高度化・効率化のため、NTT ComのIoTプラットフォーム「Things Cloud」を採用することで合意した。

中部電力、NTT ComのIoTプラットフォームを導入

 中部電力は、保有する電力設備などを効率的に運用するため、水位、温湿度、振動などの運転状態に関するさまざまなデータを、設備に取り付けたセンサーなどのIoT機器を用いてデジタル化し、収集する取り組みを推進している。

 今回、NTT ComのThings Cloudを導入することでIoT機器を一元的に管理し、そこから収集するデータをグラフなどで見える化する。これにより、従来、作業員が現地に赴き直接確認する必要があった設備に関するさまざまなデータを、遠隔監視できるようになる。さらに、収集したデータを分析することができ、将来的には部品の故障予知など設備運用の最適化を実現できるという。

 中部電力は、今後も最先端のICT技術を活用し、電力設備の運用のさらなる高度化・効率化を目指し、取り組んでいく。