アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は5月25日、同社が提供するウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」と、サイバーソリューションズ(秋田健太郎社長)が提供するメールセキュリティソリューション「MailGates」を連携し、「InterSafe×MailGates セキュリティパック」として11月1日に発売すると発表した。


 今回の連携では、InterSafe WebFilterがもつ43億超のフィルタリングデータベースの情報を、MailGatesが参照することで、脅威URLや業務に不要なコンテンツを含むメールの受信をブロックする機能をさらに強化する。

 また、InterSafe WebFilterによって、業務を妨げる不適切なサイトへのアクセスや内部からの情報漏えいを防止することが可能になるため、メール利用とウェブブラウジングの両方を安全に利用できる環境が実現し、標的型メール攻撃や不適切サイトへのアクセスから公共団体や教育現場を守る。

 今後の計画としては、MailGatesに加えて、サイバーソリューションズが提供するクラウドメールサービス「CYBERMAILΣ」にも同様の連携を実装し、民間企業への展開を目指す。