ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、谷口忠彦社長)は11月1日、クラウドベースの新セキュリティサービス「DNSWatchGO」をリリースすると発表した。


 DNSWatchGOは、ネットワーク境界の内と外の両方のユーザーに対するフィッシング攻撃、C&C(コマンド&コントロール)コールバック、情報漏えいを検知・防御するセキュリティサービス。スタンドアロンまたはウォッチガードの新たなユーザー向けセキュリティサービスバンドルである「Passport」を通じて利用可能となっており、DNSレベルのプロテクション(DNS ファイアウォール)とコンテンツ(URL)フィルタリングを提供し、場所を問わずオフネットワーク環境でもユーザーを保護する。

 また、自動化されたエンドユーザーセキュリティアウェアネスと教育機能も提供しており、働き方改革を実現するための1つのソリューションとして、将来にわたるセキュリティインシデントの防止を支援するために設計されている。さらに、これら全ての機能をコストパフォーマンスの高い、容易な実装と管理が可能なシンプルなソリューションとして提供する。