NECは、教育系出版社などの学習コンテンツ事業者と自治体、学校、塾、家庭をつなぐ教育クラウド「Open Platform for Education」を2020年4月に提供する。同プラットフォームを通じて、教育のデジタル化に対応した学習者向けの教材・コンテンツに加え、教員向けの授業支援ツールが利用できる。また、プラットフォームに接続する文教向け学習用端末として、Chromebookの「NEC Chromebook Y1」を11月5日に発売した。

教育クラウド「Open Platform for Education」

 教育クラウドのOpen Platform for Educationは、学習コンテンツ事業者などのパートナーと連携し、デジタル教科書・教材の配信、教員向けの授業支援・採点支援など、さまざまなサービスを提供する。

 具体的には、デジタル教科書をはじめとする教材の提供に向けて、教育系出版社約1000社との取引実績を持つ日教販と協業。さらに、コンテンツ事業者とも提携し、語学などを対象にした学習支援サービスを提供する。

 近年、重要視されているアクティブラーニングに関連して、独自の指導・学習支援サービス「協働学習支援サービス」もプラットフォームを通じて利用できる。

 また、同プラットフォームは、使用するクライアントOSに左右されず、端末のログオンと各社教育クラウドサービスへのログイン時のID/パスワードが統一できるシングル・サイン・オンに対応する。
 
NEC Chromebook Y1

 一方、NEC Chromebook Y1は360°回転する液晶ディスプレイを備え、授業内容に合わせてノートPCスタイルやタブレットスタイルなどを含めて四つのスタイルで利用できる。防滴設計のキーボードとタッチパッドの採用、75cm落下試験をクリアするなど堅牢性を備える。このほか、最長5年の保証サービスやバッテリー交換といった各種保守メニュー、設定代行サービスも用意する。