小田急電鉄(星野晃司社長)は、MaaSプラットフォーム「MaaS Japan」の事業で、MaaSアプリを海外で展開しているフィンランドのMaaS Global社とシンガポールのmobilityX社と間で、データの連携とサービスの検討を行うことに合意した。


 MaaS Global社はフィンランド発祥で、欧州各都市でMaaSアプリ「Whim」を展開しており、今年度中に日本でも展開する予定。今回の合意に基づき、WhimとMaaS Japanを接続し、日本市場でのサービスを検討していく。

 一方、mobilityX社は、シンガポールでMaaSアプリ「Zipster」を運用している。ZipsterとMaaS Japanを接続し、日本での展開を検討していく。

 こうした海外MaaSアプリとの連携は、増加する訪日外国人旅行者に自国で日常的に使用しているMaaSアプリを日本で利用できる環境を整備し、使い慣れたアプリによる交通サービスの複合経路検索や運行情報の提供、日本の交通事業者などが発行する各種チケットの購入の実現を目指す。

 また、連携する日本国内の交通サービスの予約・配車システムを活用することで、オンデマンド交通、タクシー、カーシェアリング、バイクシェアなど多様な交通サービスの予約・配車・決済が可能となる環境の構築を目指す。

 このほか、国内でも連携を強化しており、北海道、ミックウェア、NTTドコモ、未来シェア、OpenStreet、パムともデータの連携、サービスの検討を進めている。