富士通と理化学研究所(理研)が共同で開発を進めているスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」のプロトタイプが、スーパーコンピューターの消費電力性能を示すランキングであるGreen500で、世界1位を獲得した。

 ランキングは米国で開催中のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に関する国際会議「SC19」で、11月18日に発表された。Green500は、世界中のコンピューターシステムを計算処理速度の速い順に上位500位までランク付けしたリストであるTOP500に、ランクインしたスーパーコンピューターの中で少ない消費電力で効率的に計算できた順にランク付けしたもの。

 今回、Green500で世界1位を獲得したシステムは、富岳のプロトタイプとして富士通が製造し、沼津工場に設置したもの。システムには、富士通が世界で初めて開発したArm SVE(Scalable Vector Extension)命令をサポートしたCPU「A64FX」を768個搭載している。
 
CPU「A64FX」

 今回の性能測定では、ピーク性能の2.3593PFLOPS(ペタフロップス)に対し、連立一次方程式を解く計算速度(LINPACK)で1.9995PFLOPS、消費電力1ワットあたりの性能で16.876 GFLOPS/W(ギガフロップスパーワット)を達成。富岳の開発技術が世界トップの消費電力性能を有することを実証した。

 同社は今後も、富岳の完成に向けて、着実にシステム製造と設置を推進していく。また、富岳の開発で培った技術を生かして開発した商用スーパーコンピューター「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」「PRIMEHPC FX700」を提供していく。