シュナイダーエレクトリックは11月28日、UPS(無停電電源装置)ブランド「APC by Schneider Electric」の常時インバーターUPS「APC Smart-UPS SRT」シリーズの4容量帯モデル「1500VA」「2400VA」「8000VA」「10000VA」を一新すると発表した。受注開始は2020年1月10日を予定している。

 PC Smart-UPS SRTシリーズは、無瞬断でクリーンな正弦波を負荷機器に供給する常時インバーターUPS。最大10台の拡張バッテリーが接続でき、保護する機器にあわせ長時間バックアップが可能となっている。今回の新モデルでは、LCDマルチカラーディスプレイを搭載し使いやすくなったほか、クラス最高の力率(100Vモデル:0.9、200Vモデル:0.95)、グリーンモード搭載、消費電力の削減など効率化を実現した。また、モデルによっては質量を約55%軽量化し、ラックマウントを3Uから2Uに省スペース化している。
 

 同社では、従来から使われてきたサーバー、ストレージの電源保護に加え、シャットダウン時のバックアップ時間がより長く必要なハイパーコンバージドインフラストラクチャーや、デジタル化が進む医療IT分野での需要を見込んでいる。

 なお、UPSと保守サービスが一体となった「保守付きモデル」では3年間保守、5年間保守に加え、バッテリーの予防交換が1回付いた「7年間保守付きモデル」も提供する。バッテリー交換時の追加費用や修理などに伴う突然の出費などを考慮せず購入時にメンテナンスコストを含めた金額を算出することができる。