2019年第3四半期(1~9月)の上海市のソフトウェアと情報サービス業界の収入は、前年同期比11.2%増の7267億7800万元(約11兆2100億円)となり、今年中に1兆元(約15兆4300億円)に達する見通しになった。中国メディアの経済日報が12月9日に伝えた。

 報道によると、収入の内訳は、ソフトウェア産業が前年同期比11.2%増の4110億6100万元で、インターネット情報サービス業が16.5%増の2360億9400万元などとなった。上位100社の成長が、全体の収入増につながったという。

 18年の上位100社の収入は、前年比50%増の約3000億元で、全体の約40%を占めた。収入が100億元を超える企業は2社で、10億元を超える企業は56社。収入に占める研究開発費の割合は平均8.5%だった。