ソフトバンク(宮内謙社長兼CEO)は1月25日、同社の元社員が、警視庁に不正競争防止法違反の容疑で逮捕された件について発表した。


 同社が現在認識している事柄として「元社員が、同社の作業文書などを無断で社外に持ち出していたこと」「持ち出された文書は機密性が低く、機密性の高い情報(顧客の個人情報、通信の秘密に関わる情報、同社の取引先に関する情報など)は一切含まれていないこと」「元社員は、機密性の高い情報へのアクセス権限を保持していなかったこと」を挙げた。

 また、社内で検証した結果、同社のシステムやネットワークに対する外部からの不正アクセスの形跡や、不正プログラムなどの検知はなかったとしている。

 同社では、これまで、捜査当局からの協力要請に対し全面的に協力してきたが、引き続き協力していく方針。