ラネクシー(小瀬充社長)は1月29日、クライアント操作ログ管理ソフトウェアの最新版「MylogStar 4 Release3」を発売すると発表した。同社の提携代理店経由で2月3日に受注を開始、出荷開始は2月7日を予定している。

 今回の最新版では、運用環境へのサポートとして最新OSのWindows Server 2019での動作サポートはもとより、Windows Server 2019上でのリモートデスクトップサービス環境、RemoteApp環境、Windows Server 2019 VDIを動作サポート対象に追加した。さらに、機能追加としてプリンタログの取得情報項目の強化や「統合ログ管理製品 連携ライブラリ」への出力情報についての拡張などを実施した。

 これによりユーザーは、最新のOSと仮想化環境で、さらなる精度の高いログ情報の収集と効果的な活用を実現でき、企業での情報漏えい対策とPC業務可視化の運用強化が可能となる。

 ラネクシーでは、今後もMylogStarの機能強化と新機能の追加を計画しており、情報化社会の企業リスク低減と業務効率化支援で、企業価値の向上を支援していく考え。