富士ソフトは2月27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレワーク支援システム「moreNOTE」を無償提供すると発表した。


 利用期間は登録日から3カ月間。30IDで利用でき、利用可能容量は1GBとなっている。IDと容量の追加はできない。

 moreNOTEは、メールアドレスの登録などで、テレワークや在宅勤務時のファイルの受け渡し、遠隔会議での資料共有ができる。

 2012年12月のサービス開始以来、民間企業や官公庁などで活用されており、累計導入実績は3300社を突破している。