SCSK(谷原徹社長)は、コンタクトセンター向けクラウドサービス「PrimeTiaas」の「在宅勤務オプション」を3月16日から9月30日までの期間、無償で提供すると発表した。

無償提供に関する概要

 新型コロナウイルス感染拡大にともない、在宅勤務をはじめとするテレワークの導入など企業でも事業継続への対策が急速に行われている。感染拡大防止に向けて政府の緊急対策が続々と発表されるなか、さらに在宅勤務の重要性が高まっていくものと推測される。コンタクトセンターでも、オペレーターが出勤できない不測の事態に備えた事業継続の対策を迫られている。

 そこでSCSKでは、オペレーターの在宅勤務をサポートするPrimeTiaasの在宅勤務オプションを3月16日から9月30日まで無償提供する。対象企業は、PrimeTiaas Suiteを利用中の40社8000席の顧客と、新規にPrimeTiaas Suiteを導入する顧客。

 PrimeTiaasは、短期間・低コストでコンタクトセンターを立ち上げられるSCSKのオムニチャネル対応クラウド型音声基盤サービス。クラウドの特徴を生かしながら、オンプレミス型のように柔軟なカスタマイズやシステム連携を実現し、顧客のコンタクトセンター運用に適した課金体系(定額・従量)が選択可能。また、CRMを中心とした外部クラウドやAI技術を取り入れた音声認識ソリューションとのシームレスな連携も可能で、業務効率化の実現や働き方改革に向けた拡張性の高いコンタクトセンターシステムを提供することができる。