U-22プログラミング・コンテスト実行委員会(青野慶久委員長)は4月1日、U-22プログラミング・コンテスト2020公式ウェブサイトをオープンするとともに、今年度の応募要項を公開した。

U-22プログラミング・コンテスト2020公式ウェブサイト

 「U-22プログラミング・コンテスト」は、自らのアイデアと技術で新しい未来を開く、22歳以下を対象としたジャンル・開発言語不問の作品提出型のプログラミングコンテスト。80年から経済産業省主催で開催していた「U-20プログラミング・コンテスト」の後継で、14年からは「次代を担うITエンジニアを応援したい」という想いに賛同する協賛企業支援のもと、実行委員会主催として開催を継続、通算41回目を迎える。運営事務局はコンピュータソフトウェア協会(CSAJ)となる。 

 今年の「U-22プログラミング・コンテスト2020」では、今まで以上に受賞者の将来を見据え、経済産業大臣賞の副賞を昨年の40万円から50万円に増額するほか、“行くぞ!「MIRAI PASS」”と題し、IPA未踏事業への推薦や起業支援など、受賞後も自らの成長を促すための、ステップアップの道も整備した。

 開催スケジュールは、4月1日に応募要項発表/ウェブサイト公開、7月1日から8月31日が応募期間、10月18日に最終審査会・各賞発表(ニコニコ生放送・一般聴講可)、10月19日に経済産業大臣賞・商務情報政策局長賞表彰式を開催する予定。