中国の比亜迪股〓(にんべんに分)(BYD)とトヨタ自動車(トヨタ、豊田章男社長)は4月2日、電気自動車の研究開発合弁会社「BYD TOYOTA EV TECHNOLOGY カンパニー有限会社(BTET)」を設立すると発表した。


 BYDとトヨタは、19年11月7日に電気自動車の研究開発に関する合弁会社の設立に向けて契約して以降、両社で準備を進めてきたが、今回、新会社の登記を完了し、5月中をめどに事業を開始する。

 新会社の董事長に就任するトヨタの岸宏尚氏は、「新会社では、両社のそれぞれの強みをもったエンジニアが一つ屋根の下に集い切磋琢磨しながらクルマづくりに取り組むことで、中国の顧客に喜んでもらい、性能にも優れた電気自動車の開発を目指す」と語っている。

 BYDとトヨタは、魅力ある電気自動車の研究開発とその先の普及を通じ、顧客の幅広いニーズに応えるよう努力していくとともに、中国の環境改善に貢献していく考え。