米Veeam Software(Veeam)は4月28日、バックアップとリカバリーのためのエンタープライズ向けソリューション「Veeam Backup for Microsoft Azure」の一般提供を開始すると発表した。

Veeam Backup for Microsoft Azure

 Veeam Backup for Microsoft Azureは、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のアプリケーションやデータのバックアップとリカバリーをネイティブに行う包括的なエンタープライズ対応ソリューション。これによって、企業やサービスプロバイダーは、より多くのアプリケーションとデータをMicrosoft Azureに移行し、高い投資対効果でセキュアにクラウドプラットフォーム上のアプリケーションとデータを簡単に保護できるようになる。

 さらに Veeamの移行可能なバックアップフォーマットにより、マルチクラウド環境全体にわたるバックアップ、リカバリー、マイグレーションといった包括的なCloud Mobilityを実現する。

 無償版と有償版を用意しており、いずれもAzure Marketplaceから簡単に導入できる。無償版はリストアが無制限で、Microsoft Azureで稼働する仮想マシンを10台までバックアップすることが可能。有償版はVeeamユニバーサルライセンス(VUL)でのライセンス供与となり、単一プラットフォームでの柔軟性に優れたCloud Data Managementソリューション向けに、Veeam Backup&Replicationとの統合が可能となっている。