NTTコミュニケーションズ(NTT Com、庄司哲也社長)とPwCコンサルティング(PwCコンサル、足立晋代表執行役CEO)は4月27日、新しいモノ&サービスづくりへの貢献を目指す「Smart Factory」で、デジタル設計データを活用して製造業の設計・調達関連業務の効率化を実現するデジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)の20年度中の商用化を目指し、7月に共同で実証実験を開始すると発表した。


 NTT Comは、データを利活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、社会的課題の解決を通じた「Smart World」の実現を目指している。その1つであるSmart Factoryで、データ利活用に必要なすべての機能をワンストップで利用できる「Smart Data Platform」を活用し、製造各社が自社の強みを発揮できる“コアコンピタンス”への注力と、業界内でリソースを共有可能な“共創協調領域”の効率化の両面を実現する業界協調型デジタルプラットフォームやDXソリューションを展開していく。

 第1弾としてNTT Comは、「未来のものづくりの在り方の創造」に特化したノウハウをもち、未来創造型のコンサルティングサービスを提供しているPwCコンサルティングと協業し、デジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)を展開する。これにより、業界内でリソースを共有可能な共創協調領域の効率化を実現し製造業の底上げを支援する。

 デジタルマッチングプラットフォーム(設計/調達DX)では、“共創と協調する領域を拡大する”という新しい産業の在り方を推進。「設計から調達に係る業務効率を向上」と「さまざまな企業がつながる場を提供し、受発注の関係性を最適にデザイン」の2つの目的を実現する機能を開発している。また、顧客の要望にあわせたカスタマイズにも対応する。

 具体的には、メーカー側(発注側)機能として、設計担当者向けに部品発注に必要な仕様・補足情報をクラウド上で一元的に管理する機能や、類似部品解析AIを活用し過去の設計データを類似部品ごとにカテゴライズし、設計データのカタログを自動生成する機能を提供する。これにより、重複業務の発生を抑制し、設計・調達業務の効率性を向上する。

 また、調達担当者向けには、発注予定の同一部品や類似の部品を3D図面データからAI形状クラスタリング技術を活用して判断する機能を提供する。これにより、同一部品や類似の部品を発注する際の効率性を向上することができる。

 サプライヤー側(受注側)機能としては、部品加工業者向けに類似部品解析AIを活用し、見積依頼を受けた部品の3D設計データをもとに、過去の見積対応や受注した類似の部品を検索する機能を提供する。これによって、各担当者が行っている見積算出業務の効率化を実現する。

 このほか、柔軟にさまざまなメーカー/サプライヤーとつながる機能を提供する。設計データと部品加工業者の製造リソース情報を活用したマッチング型のデジタルマーケットプレイスと、公開案件への見積回答など一連の受発注業務を同サービス上で行う入札型のデジタルマーケットプレイスを提供することで、メーカーの設計調達業務の効率化やサプライヤーの安定した受注、設備の有効活用を支援していく。