ニュース

博報堂とヴァル研究所、地域のMaaS開発を目指し業務提携

2020/07/01 16:45

 博報堂とヴァル研究所は6月29日、地域の移動課題、社会課題の解決を目的とした新たなMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)開発を目指し、業務提携したと発表した。

MaaS開発の概要

 博報堂はこれまで、さまざまなサービス開発・商品開発を行ってきた実績から、生活サービス(商業施設や医療施設など)や生活インフラ(通信や電力など)に関連する企業とのパートナー関係を確立している。

 一方、ヴァル研究所は、MaaSの根幹となる乗り換え案内サービスなどのシステムを開発・提供。これまで交通事業者とともに各地でさまざまな実証実験を行ってきた。

 今回の業務提携では、博報堂とヴァル研究所、パートナー企業との連携を積極的に進め、サービス開発にあたっては、博報堂のサービスデザイン力と、ヴァル研究所のシステム開発力を掛け合わせ、生活者にとってより良いMaaSの開発を目指す。

 具体的には「自家用車を活用した移動サービスのシステム開発」「公共交通と自家用車の移動サービスの統合システム開発」「交通サービスと商業施設や医療施設との連携」「交通サービスと生活インフラサービスとの連携」のテーマで取り組みを予定している。

 今後、さまざまな企業との協働や地域での実証実験を経て、新たなサービスを実用化し、日本全国の地域課題解決に貢献していく考え。
 
  • 1

関連記事

ヴァル研の「SkyBrain」が群馬県の実証実験に採用、バス停の待ち時間を削減

小田急、JR東日本、ヴァル研究所、立川駅周辺エリアでMaaSの実証実験

小田急、MaaSプラットフォームの活用で実証実験

外部リンク

博報堂=http://www.hakuhodo.co.jp/

ヴァル研究所=http://www.val.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>