ニュース

ダイワボウ情報システム AWSとパートナー契約 ディストリビューターとしては国内初

2020/07/16 09:00

週刊BCN 2020年07月13日vol.1833掲載

 ダイワボウ情報システム(DIS、松本裕之社長)は7月1日、AWSとパートナー契約を結んだと発表した。国内のディストリビューターとしては初めてAWSビジネスを手掛けることになるという。

 同社はAWSのクラウドサービスを、パートナー向けサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI」で扱う。パートナーがAWSを活用したクラウドソリューションを顧客に提供する際にも、アカウント管理や従量課金型ビジネスの運用などがしやすい環境を整えた。

 多くのパートナーやユーザーにAWSを普及させ、全国の企業、自治体、教育機関のクラウドシフトやデジタル変革を後押ししたいとしている。(本多和幸)
  • 1

関連記事

DIS、Amazon Web Servicesとパートナー契約

DIS、「おてがる遠隔授業パック」の提供とモニター校の募集を開始

DISが標準サービスとして付帯、Azureユーザーのサイバーリスク補償

外部リンク

ダイワボウ情報システム=https://www.pc-daiwabo.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>