ダイワボウ情報システム(DIS、松本裕之社長)は7月1日、AWSとパートナー契約を結んだと発表した。国内のディストリビューターとしては初めてAWSビジネスを手掛けることになるという。

 同社はAWSのクラウドサービスを、パートナー向けサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI」で扱う。パートナーがAWSを活用したクラウドソリューションを顧客に提供する際にも、アカウント管理や従量課金型ビジネスの運用などがしやすい環境を整えた。

 多くのパートナーやユーザーにAWSを普及させ、全国の企業、自治体、教育機関のクラウドシフトやデジタル変革を後押ししたいとしている。(本多和幸)