NTTテクノクロスと東レとゴールドウインは7月30日、3社連携の「暑さ対策プロジェクト」として、心拍数と衣服内の温湿度を計測できるセンサーと専用ウェアを組み合わせ、暑熱環境下での体調不良の予兆を検知する「暑さ対策用サービス」の提供を8月に開始すると発表した。

暑さ対策用サービス利用イメージ

 暑さ対策用サービスは、NTTテクノクロスが開発した小型センサーと専用アプリケーション、東レとゴールドウインが開発した専用ウェアをセットで提供するもの。暑熱環境下で運動や作業を含む活動に取り組む企業や団体、グループへの提供を想定しており、利用者数や利用シーンに応じてセンサーやウェアの数を自由に組み合わせて利用できる。サービスはNTTテクノクロスが提供する。

 具体的には、心拍数と衣服内の温度・湿度を同時計測できるシャツ型センサーを初めて商用化。NTTデバイスイノベーションセンタで開発したウェアラブル生体・環境センサー技術を活用し、心拍数と衣服内の温度・湿度のほか、活動量、歩数・姿勢を高精度に計測する。専用ウェアに装着する小型センサー「TX02」は、重量約12gで、利用シーンにより約50時間連続利用できるため、利便性も両立している。

 データを計測するための専用ウェアは、肌への密着性が高く、運動中でも安定して高い精度でデータを取得できる機能性素材「hitoe」を活用。東レ製のシャツ型とベルト型、ゴールドウイン製の「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズとしてノースリーブ型をラインアップした。専用ウェアの上から通常の衣服を着用可能で、着用者は普段通りに活動できる。

 また、NTTテクノクロスが開発した専用アプリケーション「hitoe暑さ対策アプリ」を活用することで、計測された体調の変化や温度や湿度による熱ストレス、運動負荷などのデータから体調不良の予兆をシャツ型センサーの着用者に通知する。さらに、活動しながらスマートフォンなどでデータをチェックすることで、休憩タイミングの目安にもなり、早期対策につなげることができる。

 税別価格は、組み合わせにより異なるが、TX02(1万2000円)、hitoe暑さ対策アプリ(2万5000円+1ライセンス3000円)、専用ウェア(1万円)各1点のセットで、合計5万円。

 今後、3社は協力して暑熱環境下で運動や作業を含む活動に取り組む企業や団体、グループでの導入・拡大のための活動を推進する。さらに、新しい生活様式への変化のなかでサービスのさらなる改良を進め、数百万人規模と推定される暑さ対策を必要とする人々の役に立てるよう事業を拡大していく方針。