ディー・ディー・エス(DDS)は8月20日、「万能認証基盤 Themis(テミス)」と、日本HPが提供するGIGAスクール構想に対応する「Chromebook」を連携させ、QRコードをカメラにかざすだけでログイン可能な機能や顔認証機能を提供し、教育現場で利用するPCのセキュリティと利便性の強化に向け、協力して推進していくと発表した。

Themisと連携したGIGAスクール構想に準拠した文教向けChromebook

 日本HPは、GIGAスクール構想に準拠した文教向けのChromebookとして、今年6月にクラムシェル型の「HP Chromebook 11A G8 EE」と、コンバーチブル型の「HP Chromebook x360 11 G3 EE」を発表している。今回DDSでは、この2モデルに対して多要素認証ソリューションThemisとの連携を実現した。

 これにより、児童生徒にはQRコードをカメラにかざすだけの簡単ログインを、教職員には「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に示される重要データの漏えい防止が期待できる顔とパスワードなどによる二要素認証を提供し、学習端末利用のしやすさと、端末利用時のセキュリティ向上を同時に実現する環境を提供する。

 また、DDSのThemisは、Windows OSにも対応しており、日本HPのWindows 10 Pro Educationを採用するモデルとも連携し、GIGAスクール構想に向けた各自治体の対応をサポートしていく。