日立製作所、電通、電通デジタルは8月24日、SNSなどデジタルテクノロジーの発展で活発化する企業と生活者間のコミュニケーション支援を目的に、テキスト解析プラットフォーム「mindlook(マインドルック)」を新たに開発したと発表した。電通と電通デジタルは、同プラットフォームを活用したコミュニケーションデザイン領域のコンサルティングの提供を8月24日に開始した。

「mindlook」のロゴマーク

 mindlookは、日本語のテキストデータをデータソースとして、自然言語処理を提供する独自開発の分析プラットフォーム。電通グループがもつ豊富なマーケティングの知見と、生活者視点で作られた独自辞書情報を活用している。日本語の表現が豊かなことから従来は多くの時間と専門的知識を必要としたSNSなどのデジタル上の生活者の声を短時間で分析することで、その声を深く理解し・反映したカスタマーエクスペリエンスデザイン(CXデザイン)を描くことが可能となる。

 今回の取り組みは、国内電通グループ各社が横断的にソーシャルメディアマーケティングサービスを提供するプロジェクト「Dentsu Engagement 360」の一環となるもの。電通と電通デジタルでは、mindlookの提供を通じ、企業のマーケティング活動や生活者視点に立ったCXデザイン実現のサポートなど各種コンサルティング業務の提供、必要となるシステム実装支援にも取り組んでいく。

 電通グループは、mindlookの開発にあたり、日立を協創パートナーとして選定し、電通グループの独自の辞書情報と、日立の高精度な感性分析技術を組み合わせ、共同で開発を推進した。日立は、生活者が発信する多様で大量のテキストデータの処理に対応するシステム基盤の開発から運用保守まで、トータルにmindlookを支援する。