パルスセキュアジャパンは、ゼロトラストの考え方に基づくクラウド型のセキュアアクセスサービス「Pulse Zero Trust Access(PZTA)」の提供を開始した。オンプレミスからクラウドまですべてのアプリケーションに対するアクセスを管理可能なサービスで、リモートワークにおける性能やセキュリティの弱点も解決することができる。

脇本亜紀 社長

 昨今のリモートワーク環境では従業員の端末と企業のデータセンター(DC)をVPNで接続することが多いが、クラウドへのアクセスにもDCを経由するため、DCがボトルネックとなり業務に支障を来すケースが出てきている。また、VPNで接続された端末は、社内の幅広いシステムにアクセス可能となるため、セキュリティ上のリスクも増大する。

 これに対してPZTAは、クラウド上のコントローラーが、端末とユーザーが真正なものかを常に監視し、仮想ゲートウェイを通じて許可されたアプリケーションにのみアクセス可能な仕組みとすることで、セキュリティポリシーの確実な適用と、ネットワーク経路の最適化を行えるのが特徴。また、同社の主力VPN製品「Pulse Connect Secure」との混在も可能なので、企業全体のITインフラをDC集中型からゼロトラストモデルへ向けて段階的に移行するのにも適したサービスとなっている。

 同社の脇本亜紀社長は、差別化要素の一つとして「ライセンス費用はユーザーごとの年間サブスクリプションのみで、コントローラーやゲートウェイには課金しない」点を強調。アプリケーションの種類や数が増えた場合は仮想ゲートウェイの追加が必要になるが、その際の追加コストは不要なため、将来に向けた拡張性が高いのがメリット。

 同社では既存パートナーを通じた販売に加え、今後は通信事業者や、EDRとの連携提案が可能なSIerなどを新たな販売パートナーとして増やしていきたい考え。パートナー向けのインセンティブプログラムも現在準備中という。(日高 彰)