バリオセキュアは、F-Secureのセキュリティサービス「F-Secure Rapid Detection&Response」を活用したマネージド型EDR(エンドポイントでの検知と対応)「Vario EDR」サービスの提供を9月15日に開始した。

 Vario EDRサービスは、企業の各端末にエフセキュアのソフトウェアをインストールすることで、AIと機械学習による攻撃分析の実施と、重大度と信用度に基づいたリスクレベルのスコア化を行う。高リスク判定されたインシデントに対しては、バリオセキュアのセキュリティアナリストによるプロセスの正常性や異常通信確認を実施し、管理者へメールによる調査結果を報告する。

 専任のセキュリティ対策部門の設置/維持が困難な中小規模企業に代わり、バリオセキュアが高リスクのインシデント対応をサポートすることで、サイバー攻撃によるリスクを軽減することが可能となる。また、EDRサービス導入時に、中小規模企業にとって高いハードルとなるユーザー数についても、最小5ライセンスから導入することができる。

 Vario EDRサービスでは、バリオセキュアの掲げる「情シス as a サービス」構想により、社内の情報システム管理負担をサービスで解消し、企業の負担を増やすことなくセキュリティレベルの向上を実現する。