サイボウズは、公的機関を対象とした“地域共創「応援」プログラム”の提供を10月7日に開始した。


 サイボウズでは、「チームワークあふれる社会を創る」ことを企業理念とし、企業の顧客だけでなく公的機関や地域コミュニティの業務効率化やチームワーク向上に貢献している。実績を重ねるなかで、地域を取り巻く環境は複雑化しており、100地域あれば100通りの問題があることを把握。そして、情報共有手段の強化や組織を越えた連携体制をつくることで、地域はもっと強くなり自ら問題を解決していくことができるようになったという。

 そこで今回、サイボウズが培った知見やノウハウを生かし、地域市民と行政が協働をしながら問題解決できる地域をつくるために、地域共創「応援」プログラムを用意した。このプログラムでは、公的機関(行政機関や独立法人など)を対象に、地域が抱える様々な問題とそれらを解決したい担当者に対し、サイボウズが提供する製品やチームワークメソッドを組み合わせたプランで問題解決を支援する。

 対象分野は、地域経済、教育、福祉・子育て、防災、農業、都市整備、住民手続き、市民・NPOなど。プログラムメニューは、事例紹介、講演、研修・ワークショップ、ITツール導入支援、組織間の連携体制構築支援など。