トレンドマイクロは10月7日、大規模産業制御システム向けセキュリティソリューション「EdgeIPS Pro」の提供を11月9日に開始すると発表した。

「EdgeIPS Pro 1048(IOモジュール2セット)」

 トレンドマイクロは従来から、産業制御システム向けのセキュリティソリューションとして産業用ネットワークに設置することで配下に接続されている産業制御機器を、脆弱性を悪用する攻撃から防ぐIPS/IDS(仮想パッチ)機能、産業用ネットワークプロトコルの通信をプロトコル/機器/命令の種類で制御する機能を提供する産業用IPS「EdgeIPS」を展開している。

 今回新たに提供するEdgeIPS Proは、大規模産業制御システムを保護するセキュリティソリューション。「EdgeIPS Pro 1048」と「EdgeIPS Pro 2096」の2モデルを用意しており、EdgeIPS Pro 1048は1台で24台以上、EdgeIPS Pro 2096は1台で48台以上の産業制御機器に対するサイバー攻撃を防ぐことができる。

 また、システム管理者が把握していない産業制御機器が産業用ネットワークに接続された際にも、産業制御機器のIPアドレス、Macアドレス、OS、ベンダー名、シリアル番号などの資産管理情報を可視化する機能を提供することで、複雑化する大規模産業制御システムでも情報資産の棚卸ができる。

 税別価格は、EdgeIPS Pro 1048が初年度302万5000円から(ハードウェア本体、ハードウェア保守、IOモジュール1セット、ライセンス含む)、次年度以降は110万円から(年間ハードウェア保守、年間ライセンス)。EdgeIPS Pro 2096が初年度467万5000円から(ハードウェア本体、ハードウェア保守、IOモジュール1セット、ライセンス含む)、次年度以降は154万円から(年間ハードウェア保守、年間ライセンス)。受注開始時期は、EdgeIPS Pro 1048が11月9日、EdgeIPS Pro 2096が21年2月1日の予定。