日本事務器は、企業が今考えるべきセキュリティリスクの見える化と外部から侵入するマルウェア対策をパッケージングしたサービスとして、クラウド型統合エンドポイントセキュリティサービス「あんしんプラスFit」の販売を11月25日に開始した。

選べる三つのプラン

 あんしんプラスFitは、セキュリティ対策の「把握・分析・対処」のプロセスを機能と運用サポートの組み合わせにより体系化したサービス。この一連のプロセスを定期的に実施することで、企業の健全なセキュリティ対策を維持することができる。

 「セキュリティ対策を見直したいが何から始めればよいかわからない」「セキュリティ専任者がいないので運用できていない」などの悩みを抱えている中堅・中小企業向けに、顧客の運用体制にフィット(Fit)するサービスをパッケージングし、まずは「Light」「Standard」「Advance」の3つのプランから提供する。Lightは、リスクの把握ができるセルフプラン。Standardは、リスクの分析に役立つレポート付プラン。Advanceは、リスクの対処に必要なアドバイスと運用サポート付プランとなる。

 なお、同サービスは、「LanScope Cat for Cloud」「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスあんしんプラス」「Email Security R2 あんしんプラス」で構成されており、クラウド型のため簡単に短期間で導入することができる。

 税別価格は、Lightプランの月額基本料金が1万7700円、月額ライセンス料金が850円/台から。同社では、今後1年間で2万ライセンスの提供を予定している。