ネットワールドは1月7日、嬉野医療センターが電子カルテ用仮想化基盤を刷新に向けて、ネットワールドが提供するハイパーコンバージド・インフラストラクチャー(HCI)製品「Nutanix Enterprise Cloud OS」を導入し、本格稼働したと発表した。

システム構成図

 佐賀県南西部医療圏の中核病院の役割を担う嬉野医療センターは、他の国立病院に先駆けて医療情報部門を設置。オーダリングシステムや各種部門システム、電子カルテなどの整備を進めてきた。最近では、検査や診療の呼び出しにSNSを利用している。電子カルテシステムは、15年に仮想化の本格稼働を開始した。今回、さらにインフラの進化を目指して、電子カルテ用仮想化基盤の再構築に着手した。

 新たな仮想化基盤に採用したNutanix Enterprise Cloud OSは、サーバー群をコンパクトに集約でき、新規サーバーの追加も可能。また、ネットワークを含めたインフラ環境全体がシンプル化されており、専用管理ツール「Nutanix Prism」が運用にかかる負荷を削減する。

 新仮想化基盤では、電子カルテが画面が切り替わる際のレスポンス性能が向上した。また、運用管理や障害対応などの手間が大幅に軽減され、Nutanix Prismによる一元的な運用管理が可能となった。さらに、設置スペースが以前の4ラックから1ラック以下に減少し、電気代や空調費用の削減も実現している。

 システムの提案・導入は、ソフトウェア・サービスとユタカインテグレーションが担当した。