NTTドコモは1月20日、富士通が提供する「不審者検知ソリューション」を5Gパートナーソリューションとして提供を開始した。監視カメラの映像をもとに、人の動作をストレスや恐怖を感じたときに発する特有振動パターンで分析・数値化。不審な行動を起こす可能性のある人物を検知する。重大事故や犯罪の発生防止に役立つ。検知結果はリアルタイムで通知可能。事前に不審行動パターンのようなデータを登録する必要がなく、新規利用や更新時の開発・登録コストが必要ないのも特徴だ。

映像情報から不審者を検知する例

 行為を未然に防ぐにためには予兆を見抜く高度なスキルが必要で、従来の監視カメラや人による警備では困難だった。不審行動を事前に検知するシステムの活用により運用コスト削減も可能になる。また、機種によっては導入済みの監視システム用カメラをそのまま活用することもできる。5Gと組み合わせた提供ができ高精細な映像伝送によって、検知精度の向上や安定した無線接続も可能だ。

 価格はカメラの台数などの構成により異なるが、システムライセンスの買い取りプランのほか、2カ月間試用できるトライアルプランも用意した。