応研は2月22日、今年春から大臣シリーズの新しいクラウドモデル「大臣AXクラウド」をリリースすると発表した。

大臣AXクラウド

 大臣AXクラウドは、コアとなる基幹業務と周辺業務を自動化する新サービス。経理部門では、これまでの入力業務ではなく確認作業が中心となり、業務効率・生産性の向上を実現することができる。

 「大蔵大臣AXクラウド」は、データロックや履歴照会など内部統制機能を大幅強化。システム連携で、仕訳などの入力業務の自動化に対応する(順次対応予定)。「販売大臣AXクラウド/販売大臣AX Superクラウド」は、「販売大臣 Limited Edition」の機能網羅に加え、「販売大臣NX」の計算式、予約伝票などの機能を搭載している。

 価格は、定額利用できるサブスクリプションとなる。