産業技術総合研究所発のベンチャー企業・Hmcommは3月25日、都築電気と販売代理店契約を締結したことを発表した。


 都築電気が販売するのは、Hmcommが開発したコンタクトセンター向け音声認識AIソリューション「VContact」。顧客の音声をリアルタイムに認識し、オペレーターと顧客の会話内容をリアルタイムにテキスト化できるのに加え、FAQの自動表示や、会話終了後に要約やFAQの作成を自動で行うことが可能。また、オペレーター自身で音声認識率を向上させられる学習機能も提供する。

 これにより、オペレーター及びスーパーバイザー業務の効率化、ACW(平均後処理時間)削減を実現する。

 都築電気は、長年にわたりコンタクトセンターを構築しており、そのノウハウとVContactを活用し、コンタクトセンター業界の業務効率化、顧客満足度の向上を支援していくという。