OSKは、基幹業務システム「SMILE V 販売」をベースとしたアパレル・ファッション業向け販売・在庫管理システム「SMILE V ApaRevo」の新バージョンを3月25日に発売した。


 SMILE V ApaRevoは、色・サイズ別管理やマルチチャネル販売への対応など、アパレル業界特有の業務をサポートし、販売機会損失や不良在庫を抑止して、企業の体質強化と売上アップを支援する販売・在庫管理システム。発売以来、多くの企業に活用されている。

 今回リリースする新バージョンでは、コロナ禍で多くの業界に訪れた不況の打開策として、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えることを見据えて機能強化を行った。

 まず、発注伝票発行と「SMILE V ワークフロー」の申請・承認機能の連携を実現。日々の伝票入力操作を損なわず、スムーズに上長などの確認・承認を得ることができ、ヒューマンエラーなどの遅延リスク回避につながる業務フローを簡単に構築できる。さらに、担当者判断による過剰発注も防げるため、効率良く商品を回転させる、無駄な在庫を抱えない、といった重要な要素に対応し、適正な在庫運用を支援する。

 また、要望の多かった商品の倉庫移動機能を強化した。「倉庫在庫配分処理」を追加し、倉庫間移動の一括登録を実現する。シーズンごとの商品の入れ替えや、新店舗への在庫投入、閉店店舗の在庫回収など、アパレル業でよくあるまとまった商品の倉庫移動の作業を簡略化する。

 価格は110万円から。出荷開始は4月6日を予定している。