OSKは、統合型グループウェア「eValue V」の新たなテンプレートとして、弁護士ドットコムのウェブ完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」との連携を実現する「eValue V ドキュメント管理連携テンプレート with クラウドサイン」を3月19日に発売した。

「eValue V ドキュメント管理連携テンプレート with クラウドサイン」連携イメージ

 eValue V ドキュメント管理連携テンプレート with クラウドサインは、「eValue V ドキュメント管理」とクラウドサインをつなぎ、契約業務と契約書の保管を効率化するテンプレート。eValue V ワークフローを組み合わせることで、相手方と合意した契約書式の社内稟議から契約書の保管まで、一連のプロセスを全てデジタル化することができる。

 これによって、契約プロセス全体が紙から解放されることで、押印や印紙は不要となり、出張時やテレワーク時でも契約処理が行え、スピードアップやコスト低減を実現する。

 価格は22万円。