NTTテクノクロスとNTTラーニングシステムズは、農林水産省にかかわる事業の一環として、農林水産業・食品産業の従事者向けに、作業安全対策の理解を促進するVRコンテンツを制作した。同コンテンツは今後、農林水産省のウェブサイトやYouTubeチャンネル「maffchannel」で4月中旬から順次配信する予定。

VRを活用した作業安全対策

 農林水産業や食品産業では、作業のスマート化が促進される一方、死傷事故は引き続き多発している。この課題に対し、農林水産省では「令和2年度農林水産業・食品産業における新たな労働安全強化対策推進事業のうち、新たな現場の作業安全対策の実現に向けた研修資材作成等委託事業」として、作業安全対策への理解促進や取り組みへの参画推進を図ることを目的に、新たな手法を活用した映像コンテンツや、ポスターなどを活用した作業安全対策のPRを行っている。

 「VR安全意識向上サービス」を提供しているNTTテクノクロスは、コンテンツ制作で多数の実績をもつNTTラーニングシステムズとともに、昨年11月に同事業を受託。農林水産業や食品産業の現場での作業事故の事例を想定したVR動画などを制作することで、死傷事故の撲滅を支援する。

 具体的には、食品産業、木材産業、畜産業、漁業の現場での作業事故事例を想定したVR動画を6種類制作した。撮影は農林水産省の協力、監修のもと実施した。VR動画では、作業事故を疑似体験した後、作業安全対策の重要性を分かりやすく紹介し、現場従事者の作業安全対策に対する意欲向上につなげていく。