デル・テクノロジーズは4月27日、SaaS型バックアップ「Dell EMC PowerProtect Backup Service」を5月18日から提供すると発表した。

芳澤邦彦本部長

 同サービスは、クラウド型の統合データ保護プラットフォーム事業を手掛ける米Druvaのサービスがエンジンとして採用されている。バックアップの対象となるのは、エンドポイント端末、「Microsoft 365」や「Salesforce」、「Google Workspace」といったSaaSアプリケーション、エッジデバイス、物理サーバー、仮想サーバーなどで、データを直接クラウド上で保護する。デル・テクノロジーズの芳澤邦彦・DPS事業本部本部長は「一つのサービスで幅広く対応できることが強みだ」と話す。

 PowerProtect Backup Serviceをリリースする背景には、SaaSアプリケーションの利用が拡大しているほか、リモートワークの増加によりエンドポイント端末のデータ保護に新たなソリューションが必要になっているといった市場ニーズの変化があるという。芳澤本部長は「従来のデル・テクノロジーズのバックアップ製品では、SaaSアプリケーションのデータを保護するサービスが提供できていなかった。今回、PowerProtect Backup Serviceを提供することで、より広範囲に対応できるようになった」と述べた。

 メニューはバックアップの対象別に「SaaSアプリケーション」「エンドポイント」「ハイブリッドワークロード」の三つを用意した。全てサブスクリプション形式で、SaaSアプリケーション、エンドポイントはユーザー単位、ハイブリッドワークロードは容量単位で課金される。